◇月会議記録:2009年度・2010年度◇

※記録者:事務局付理事

発足以前 事実上第1回相当会議記録

会議概要:2010年3月15日(月)

 

 日本マンガ学会 九州マンガ交流部会

 ー熊本エリア(仮) 第2回会議ー

 
 日時 2010年3月15日(月)18:40~19:40
 会場 熊本大学文学部 民俗学学生研究室
 出席者 3人

 
 本日の会議で以下の事項が決定・確認された。
 ・熊本部会の正式名称を決める必要がある。
 ・今後熊本での例会は年2回(5月・11月)開催する。
 ・2010年度の開催日は以下のとおりとする。

 

  5月22日()14:00~16:30 予備候補日=5月29日(
 (案)「ルート225」(志村貴子+藤野千夜)について(仮)
  11月13日()14:00~16:30 予備候補日=11月20日(
 (案) 濱野 健 氏(オーストラリア西シドニー大学)
     オーストラリアにおける

     日本のサブカルチャー研究の動向とファンの活動

 
 ・会場の候補:熊本大学全学教育棟

        くすのき会館レセプションルーム等

 
 ・部会の開催形態:新たに研究組織をつくり、学会との共催で

  行うことも考える

 
 ・今後の活動:月1回程度、土曜日の午後にマンガに関する談

  話会を開催し、熊本での情報提供や人的ネットワーク構築の

  機会としたい。

 
 ・熊本内のメーリングリストを作成する

 
 〈次回談話会日程〉
 日時 2010年4月10日()13:30~
 会場 熊本大学文学部 民俗学学生研究室

発足直前 事実上第2回相当会議記録

会議前資料:2010年4月10日(土)

 

 日本マンガ学会 九州マンガ交流部会

 ー熊本マンガ談話会(仮称) 第1回ー

 
 日時 2010年4月10日(土)13:30~ 

 会場 熊本大学文学部 民俗学学生研究室

 
 <3月15日(月)の会議での決定事項及び確認事項>
 ・熊本部会の正式名称を決める必要がある。
 ・今後熊本での例会は年2回(5月・11月)開催とし、
 ・2010年度の開催日は

  5月22日(土)

  11月13日(土)とする。(予備日5月29日 11月20日)

 
 ・熊大での会場候補は、全学教育棟や、くすのき会館レセプ

  ションルーム等。
 ・新たに研究組織をつくり、学会との共催で行うことも考え

  る。
 ・今後は月1回程度、土曜日の午後にマンガに関する談話会を

  開催し、熊本での情報提供や人的ネットワーク構築の機会と

  したい。熊本でのメーリングリストも作成予定。

 
<2010年度「日本マンガ学会/九州マンガ交流部会」活動計画>
 ・九州マンガ交流部会 第17回例会

   5月22日(土)14:00~16:30 熊大全学教育棟
  発表① 跡上 史郎氏「ルート225」(志村貴子+藤野千夜)

            について(仮)
    ② 山野車輪氏『「若者奴隷」時代』を語る(仮)

     【調整=橋本 博】
     *山野車輪 著『「若者奴隷」時代

       “若肉老食(パラサイトシルバー)” 社会の到来』

                    (晋遊舎 2010.3)

 
 ・日本マンガ学会 第10回大会 

   6月19日~20日 

   京都精華大学/京都国際マンガミュージアム

 
 ・九州マンガ交流部会 第18回例会 

   8月 九州大学(大橋キャンパス)にて開催予定

 
 ・九州マンガ交流部会 第19回例会 

   11月13日(土)14:00~16:30 熊大全学教育棟
  発表①鈴木 寛之氏 オカルトマンガの誕生 について(仮)

 
    ②濱野 健氏(オーストラリア西シドニー大学)

    【調整=大城 房美】
    *オーストラリアにおける日本のサブカルチャー研究の

     動向とファンの活動

 
 ・九州で触れたいマンガ家シリーズ 第5回 

   12月18日(土) 会場未定

 

 

 

 

 

会議概要:2010年4月13日(火)

 日本マンガ学会 九州マンガ交流部会

 ー熊本マンガ談話会(仮称) 第1回ー

 

 日時 2010年4月10日()13:30~ 

 会場 熊本大学文学部 民俗学学生研究室

 参加者 3名

 
 <本日の決定・確認事項>
 ・熊本部会の正式名称を決める必要がある。
  (候補)熊本MAG 熊本マンガ談話会 
 ・今後、談話会への参加を呼びかけたい方々。
 (8名の候補が挙がる。詳細略)

 
<2010年度「日本マンガ学会/九州マンガ交流部会」活動計画>
 ・九州マンガ交流部会 第17回例会 

 日時 5月22日()14:00~16:30 

 会場 熊大全学教育棟
 参加目標人数:30名

 
 発表① 跡上 史郎氏「ルート225」(志村貴子+藤野千夜)に

           ついて(仮)
 発表② 山野車輪氏『「若者奴隷」時代』を語る(仮)

   【調整役=橋本 博】
    *山野車輪 著『「若者奴隷」時代 

     “若肉老食(パラサイトシルバー)”社会の到来』

                  (晋遊舎 2010.3)
   *自作への反響・次回作の構想・将来のマンガ産業像等に

    ついて 

 
    14:00~14:50 発表①  50分
    14:50~15:10 質疑応答 20分
    15:10~15:20 休憩   10分
    15:20~16:10 発表②  50分
    16:10~16:30 質疑応答 20分
    ※4月16日(金)までに発表演題等を確認。

     メーリングリストに第一報を。

 
 ・日本マンガ学会 第10回大会 

   6月19日~20日 京都精華大学

           京都国際マンガミュージアム

 

 ・九州マンガ交流部会 第18回例会

   8月 九州大学(大橋キャンパス)にて開催予定

 
 ・九州マンガ交流部会 第19回例会

   11月13日()14:00~16:30 熊大全学教育棟

 
  発表① 鈴木 寛之氏 オカルトマンガの誕生について(仮)
    ②濱野 健氏(オーストラリア西シドニー大学) 

    【調整役=大城 房美】
    *オーストラリアにおける日本のサブカルチャー研究の

     動向とファンの活動

 
 ・九州で触れたいマンガ家シリーズ 第5回

   12月18日() 会場未定

 
 〈次回談話会日程〉
 日時 2010年6月12日()13:30~



発足前後 事実上第3回相当会議記録

会議概要:2010年6月26日(

 

 日本マンガ学会 九州マンガ交流部会

 ー熊本マンガ談話会(仮称) 第2回ー

 
 日時 2010年6月26日()13:30~15:00 

 会場 熊本大学文学部 民俗学学生研究室
 参加者 3名

 
 <九州マンガ交流部会 第19回例会>
 11月13日()14:00~16:30 熊大全学教育棟
  発表①鈴木 寛之氏 オカルトマンガの誕生について(仮)
    ②濱野 健氏(オーストラリア西シドニー大学)

    【調整役=大城 房美】
    *オーストラリアにおける日本のサブカルチャー研究

     動向とファンの活動

 
  <第2回談話会コンセプト>
 ・トキワ荘の作家たちの時代、その周辺にどのような人たちが

  いたのか。
 *正史に登場しにくいマンガ家にスポットを当てる。

 
 ・中央では出来ない企画。地方から中央へ発信する意義。

 
 ・熊本で行う意味。

 「キララ文庫 = 橋本 博」を旗印として

 (中央の商業主義とは別の視点)。

    
 ・企画意義・コンセプトを煮詰めれば談話会の核となりうる。

 
 ・原田 正純氏も触れた、熊大自主講座講義録『僻遠』。

 
  <本日の決定事項>
 ・毎回テーマを設けないと参加者が集まらないのではないか。

 
  <懸案事項>
 ・熊本部会の正式名称を決める必要がある。
  (候補)熊本MAG・熊本マンガ談話会

  
  <次回談話会日程>
 ・2010年8月7日(第二候補は8月21日))13:30~15:00

発足直後 事実上第4回相当会議記録

会議概要:2010年8月7日(

 

 日本マンガ学会 九州マンガ交流部会

 ー熊本マンガ談話会(仮称) 第3回ー

 
 日時 2010年8月7日()13:30~15:00

 会場 キララ文庫
 参加者 2名

 
  <第3回談話会コンセプト>
 「平賀 稔氏を招いての例会を開催したい」
  *時期 
  *内容案 
  *会場候補 について

 
  <次回談話会予定>
 ・2010年9月 ※詳細は未定



発足以後 事実上第5回相当会議記録

会議概要:2010年9月12日(

 

 日本マンガ学会 九州マンガ交流部会

 ー熊本マンガ談話会(仮称) 第4回ー

 
 日時 2010年9月12日(日)13:30~15:00 

 会場 熊本大学文学部 民俗学学生研究室

 参加者 2名

 

  <第4回談話会コンセプト>
 ・熊本近代文学館企画展
 「戦後マンガ文化をささえた貸本屋

      ~マンガ家 水木しげるの時代~」
    平成22年8月25日(水)~9月2日(木)

                     【総括】橋本 博

 
 ・2011年夏「熊本近代文学館企画展」の構想について

 
 ・九州マンガ交流部会 第19回例会

   日時 11月13日()14:00~16:30

   会場 熊大全学教育棟
   発表

    ①鈴木 寛之氏 オカルトマンガの誕生について(仮)
    ②濱野 健氏(オーストラリア西シドニー大学)

                   【調整役】大城 房美

    *オーストラリアにおける日本のサブカルチャー研究の

     動向とファンの活動

 
 ・「平賀 稔氏を招いての例会」

    *時期
    *内容

     (案)平賀 稔氏講演
    ※既に氏所蔵の原画を用いての初期作品の復刻等が検討

     されている模様。「模倣画展」を熊本で行なう意義は

     薄れるか。

 
  <次回談話会予定>
 ・2010年10月  ※詳細は未定

第1回 月会議記録

 日程 2010年9月27日(

 ※ 日程以外の記録なし



第2回 月会議記録

 日程 2010年10月24日(

 会場 熊本大学民俗学研究室

 ※ 日程と会場以外の記録なし

第3回 月会議記録

 日程 2010年11月28日(

 会場 熊本大学民俗学研究室

 ※ 日程と会場以外の記録なし

 



第4回 月会議記録

会議概要:2011年1月30日(

 

 第4回 熊本マンガミュージアムプロジェクト会議

 
 2011年1月30日()13:45~15:40 

 熊本大学民俗学研究室
 出席者:14人
 取材:NHK熊本放送局から3名

 
 基調報告1:坂井 滋氏

      「アニメと石水木(アニメと農業の合体)」
 基調報告2:橋本 博氏

      「北九州市漫画ミュージアム準備室探訪記」

 
 <会議日程>
 次回以降:毎月最終日曜日13:30~
 次回日程:2月27日()13:30~

      基調報告=合志まちづくり戦略室

第5回 月会議記録

 日程 2011年2月27日(

 会場 熊本大学民俗学研究室

 ※ 日程と会場以外の記録なし

 


第6回 月会議記録

 ※ 記録なし