◇Daihyou - Kikou 2018◇

2018年6月7日付

長崎潜伏キリシタン関連遺跡探訪

 

6月4日(月)と5日(火)は、熊本県古書籍商組合恒例の旅行。

今年は長崎潜伏キリシタン関連遺跡探訪。
初日は島原城から原城跡へ。

原城跡から天草を望むと、目の前に湯島が見える。

天草島原の乱の際に、天草衆と島原衆が談合したことから、談合島とも呼ばれる。

 

夏にはかの島に、マンガカフェがオープンの予定

子供の頃から通っている島だが、島原から見るとこうも近いことに驚かされた。

(画像1は、原城跡から見える湯島)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌5日はド・ロ神父の足跡が残る外海(そとめ)へ。

かつて陸の孤島と呼ばれたこの地に、彼の記念館と長崎市外海歴史民俗資料館がある。

キリストの教えを分かり易く伝えるために、神父が自ら描いたド・ロ版画が胸に迫る。

(画像2は、ド・ロ版画の紹介パネル)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の旅では2冊のマンガをゲット。

地域マンガとして、合志マンガミュージアムでも紹介しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像3は、ド・ロ神父のマンガ。

記念館に届いたばかりの新刊。読み応え抜群。

ド・ロ神父の才能は凄い。

絵も描く、建物を設計し、病気も治すスーパー神父。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像4は、地元島原の歴史マンガ。

オムニバス形式で分かり易く歴史を解説。

この本、なかなかの出来。

 

合志MM館長/クママン代表 橋本 博(iPadから送信)