■ Topics 2017 1st

◇昭和漫画館青虫 館長 高野行央様 第20回文化庁メディア芸術祭 功労賞受賞おめでとうございます◇

 

〈高野さん受賞式〉

 

東京オペラシティにて

 
2017年9月15日、第20回文化庁メディア芸術祭に初めて参加した。

ナビを頼りに何とか新国立劇場にある東京オペラシティにたどり着く。

さすが日本の首都、その規模、斬新なデザインに圧倒される。

こんな場違いの所に来たのにはこんな理由があった。

 

すべてのマンガコレクターは青虫状態に憧れるという言葉がある。

青虫とはホントの虫ではなく、福島県只見市にある究極のマンガ図書館のこと。

ここの館長高野行央さんが、今年の文化庁メディア芸術祭の功労賞を受賞することになり、コレクター仲間としてお祝いに駆けつけたというわけだ。

 
アート部門、エンターテイメント部門、アニメーション部門、マンガ部門の受賞式のあと、いよいよ功労賞の番になる。

  

高野さんは甥っ子から借りてきたというモーニングを着用し、緊張の面持ちだったのでちょっと心配したが、受賞の挨拶は実に落ち着いたもので、コレクター人生をこれまで支えてくれた奥様への深い感謝の気持ちが溢れていた

  

その後開催された懇親会では文化庁長官が高野さんに挨拶に来られたが、その時、

これまでいろんな挨拶を聞いてきたがあれほど自分の奥さんに言葉を尽くした挨拶は初めて感激しましたというコメントが寄せられた。

 

同じコレクターとして、これほど励みになることはない。

おめでとう高野さん! おめでとう青虫!

 

以下は初めての青虫探訪記である。

 

 

青虫とは

 

2017年6月26日、そこへのアクセスの不便さからなかなか実現しなかった、福島県只見にある昭和漫画館青虫を訪ねることとなった。
古いマンガに興味のあるファンの間では一生に一度は訪れたい聖地として知られているのがここ青虫である

そのネーミングの由来を館長に聞くと、さすが戦後マンガ第一世代だなと思わせる答えが返ってきた。

  
現在の日本のマンガは、1960年代に発生した二つの源流がもとになっている。

一つは「マンガの神様」手塚治虫を中心とするマンガ界のメインストリームである。

  

新刊書店を流通拠点として全国に多数の読者を抱えていた月刊雑誌週刊雑誌作品を発表していたマンガ家たちが、1960年代に手塚治虫の周りに集まっていた

トキワ荘グループと呼ばれる石森章太郎赤塚不二夫藤子不二雄つのだじろうに加えて、手塚と同格の横山光輝トキワ荘グループと親交のあったちばてつや松本零士らが代表的作家であろう。

 

彼らの作品を発表するために手塚が創刊したのが「COMという雑誌で、出版社は「虫プロ」。

青虫はここからとったものだ。

 

マンガの表街道ともいうべき月刊雑誌に対して、裏街道ともいうべきサブストリームを形成していたのが、マンガの鬼白土三平らを中心としたもう一つの源流であった。

 

当時は全国に3万店以上あると言われた貸本屋を流通拠点として、漫画家たちは安い原稿料でマンガを描いていた。
さいとう・たかを水木しげる小島剛夕辰巳ヨシヒロつげ義春などの作品は、手塚の丸っこい絵柄に対して、リアルな描線で描かれており、当時「劇画」と呼ばれていた。

彼らの作品を出版していた雑誌が「ガロ」。出版社は名編集長長井勝一を擁する青林堂。「青虫」のはここからとっている。

 
青虫は二つの源流の水源近くで描かれた1960年代の雑誌単行本関連資料を中心に構成されており、私たち団塊世代にとっては忘れがたいマンガばかりがズラリと並べられている。

 
・・・と、これから探訪記はまだまだ続くのだが、ここから先は私が寄稿している熊本の総合文化誌KUMAMOTO20号を読んでいただきたいので、この辺で。

 

   

NPO法人熊本マンガミュージアムプロジェクト代表 橋本 博

◇『3日間限定マンガ図書室』プラザ図書館イベント報告◇

 

8月18日(金)・19日()・20日(

くまもと森都心プラザ図書館との連携で、今年4回目となる

イベントが開かれました。

 

今年の「マンガ図書室」は、1960年代のマンガ界に革命を起こし、

後世に大きな影響を与えた2つの潮流を特集。

 
手塚治虫を中心とするトキワ荘系の『COM』。

白土三平を中心とする劇画系の『ガロ』。

 

COMとガロの遺伝子昭和の名作マンガ大集合

 

と題して、それぞれの特徴マンガ家その作品見つけていく

回遊式の本の並びになっています。

 

初日

開場前には、RKK熊本放送(↑)と熊本日日新聞社(↓)の取材が入りました。

同日のRKK NEWS JUST.では、来場された方へのインタビューも交えて、

橋本代表への取材の模様や会場の様子が伝えられました。

 

※ 放送されたインタビューの収録の様子。この日クママンで撮影した記録画像の中のベストショットです。

 

会場準備の都合上、午後からの開場となった初日でしたが、お子さん連れを始めとした多くの方にご来場を頂きました。

 

2日目

会場の様子も落ち着き、以下のような来室状況が入れ替わりで見られました。

15時からはマンガビブリオバトルが開催され、5人の方々による5分ずつの

プレゼンと、3分ずつの『質問タイム&お答えの時間』によるアピールが

繰り広げられました。

 

読んでみたいと思わせたい一冊』のプレゼン作品および、

それぞれのプレゼンターは、

 

・『累(かさね)プレゼンターは女性。

・『MASTER KEATON』プレゼンターは女性。コスプレあり

・『コブラ』プレゼンターは男性。ちなみにフランスの方です。コスプレあり

・『ちいさこべ』プレゼンターは男性。コスプレあり

・『兄友(あにとも)』プレゼンターは女性。

 

挙手による終了後の投票により、優勝者は『ちいさこべえ』プレゼンターに。

 

賞品として、一抱えある雑誌付録福袋が贈られました。

おめでとうございます。

 

その後、去りがたかったのか離し難かったのか、出演者を中心とした

座談会的なマンガ好きの集いを橋本代表が発起。

集いはそのままイベント時間のギリギリまで。

 

最終日

会場の様子も2日目同様、以下のような来室状況が入れ替わりで見られました。

 

撤収時に図書館からのスタッフの方に伺ったお話では、

「いつもはなかなか来れないけど、これがあるって知ったから来てみました」

という声もあったとのこと。

今回は大人の方がじっくりお読みになっている姿が多く見られましたね、とも

教えて頂き、企画されたプラザ図書館の担当スタッフの皆さんと橋本代表との

連携が、今回の来場者の皆様の気持ちに添うものであったのではないか、と

推測しています。

 

撤収はスタッフの皆さんの手際の良さによって、全作業終了は16時半。

 

くまもと森都心プラザ図書館担当スタッフの皆様お疲れ様でした

 

そして、報道でイベントをお伝え下さった皆様足をお運び下さった皆様

3日間一緒にイベントを作って下さって本当にありがとうございました

 

心より感謝申し上げます

◇合志マンガ義塾開講◇

 

合志マンガミュージアム開館日7月22日

23日の午後に、それぞれ第1回第2回

合志マンガ義塾が、同館で開催されました。

 

合志マンガ義塾の名前は、かつて彼の地に在った

合志義塾によります。

 

講座冒頭、第1回・第2回講師の橋本代表は、

カタルパの樹 合志義塾ものがたり

(2014年合志市・合志市教育委員会発行)

制作に伴う取材・調査から、その教育の姿を、

合志義塾には哲学があった」と紹介されました。

 

正式な学校ではない合志義塾から、

卒業生たちが受け取ったものは何だったのか

 

それは現実と向き合い一人一人が日々を

より良く生きるための力ではなかったか

 

より良く生きることが、どう生きるかの問いに応える、

答の一つであるのなら、それを考えることはまさに、哲学ではないのか。

 

様々な生き様に触れ、生きることを考えていく経験が、

より良く生きるための力育んでいくのであれば、

まだ今は眠る、数万冊の物語の中の生き様にも、

その力添えを願えるのではないか

 

マンガによってこの場所で一人一人がそれぞれに

自らの哲学に踏み出せるのではないか

 

その考えを合志義塾の名前に重ねて

『合志マンガ義塾』と名付けました、とお話をされました。

 

さて、そうして開講した合志マンガ義塾。 

 

7月は、あと2回の講座開催予定されています。

  

29日(

第3回 『「少年ジャンプ50年史 ~「ハレンチ学園」から「ヒロアカ」まで~』
  
30日(

第4回 『心に触れるマンガコミックセラピー哲学マンガ~』 

  

ともに、これまでの2回と同じく13:30~15:00

参加自由です。

 

キューブゾーン回遊講義ののち、

希望者との『ゼミ』という構成になります。

(※ ちなみに、第1回・第2回の様子はこんな感じです。)

■『クママンから合志マンガミュージアムへマンガ資料寄贈』■『合志市とクママン包括連携協定に調印』

 

7月18日(火)。ニュースをはしご
7月19日(水)。新聞各紙を購入
7月20日(木)。web上でも詳細を伝えて下さる、
各記事のアドレスを、ここで紹介させて下さい。

くまもと経済フォトニュース 2017年7月18日
合志マンガミュージアム開館に先立ち調印式

くまにちコム 2017年07月19日

合志市にマンガ資料6万冊 ミュージアム開設

毎日新聞 2017年7月19日 地方版



現実をただ追うだけの努力であったなら、

この日はこの先も来なかったでしょう。

人の繋がりが『現実』を先回りして、

周りにそれを『実現』と読み替えさせる力を生む。

合志市とクママンが手を携える合志マンガミュージアムの開館まで

あと2日です。

■『クママン有志設営アシスト』

 

7月20日)から開催される、

『少年雑誌に見る時代のヒーローたち』は、

くまもと文学・歴史館企画展です。
 
昨年に続き、クママンは今年も同展の展示協力
4月半ばから、1970年代2000年代少年マンガ雑誌が、
所蔵資料から選び出されました。
閲覧室の壁には、週刊少年ジャンプ・週刊少年マガジン・
週刊少年チャンピオン・週刊少年サンデー・週刊少年キングなどが並びます。
 
その設営には、アシストクママン有志参加
 

 

 

 

 

ひと仕事やり終えた皆さんの笑顔がこちらです。※画像は立体視画像風味です。



 

作業後は休憩をはさみ、

急きょ特別に、準備中の会場での内覧会が。

改めて。
開催中絶対見に行きます。

入り浸ると思います

■『マンガ、サンパウロへ』

 

7月16日()。明治大学が進めていたブラジルサンパウロへの

マンガ寄贈事業連携協力で、クママンから約1800冊明治大学図書館

発送されました。

 

日本のマンガをブラジルで待っている人たちがいる。
選び出しを含めた準備の間、不思議な高揚感があったのを覚えています。
発送は19箱。今後は船便の手配により海路サンパウロへ、とのこと。

ともあれ熊本を無事旅立った、完結作品を中心とするマンガ群。
以降の物語は、もう少し先にお知らせできそうです。

■『震災の記憶と復興エール』

 

現在、くまもと文学・歴史館で、企画展 『震災の記憶と復興エール』 を開催中です。

この企画展には、クママン展示資料での協力をさせて頂きました。


熊本地震から1年の節目に、熊本で起こった過去の地震古文書で辿るとともに、

県内外の文学者漫画家からお寄せ頂いた、メッセージ色紙紹介する展示会です。

第1部 『震災と復興の記憶』では、
江戸時代、明治時代に起こった地震を中心に、
その被害と復興の記録が書かれた古文書を紹介しています。

第2部 『生まれいづる文学』では、
谷川俊太郎をはじめ、伊藤比呂美石牟礼道子梶尾真治坂口恭平町田康

三浦しをんといった文学者らから寄せられた、色紙等の自筆メッセージを展示しています

第3部 『励ますことの葉』では、
熊本県に寄贈された「くまモン頑張れ絵」を一挙公開するとともに、

震災後にクママンに寄贈された、全色紙手塚治虫文化賞受賞者よせがきパネルを含む)を

展示しています。
たくさんの漫画家による、色紙等の作品が所狭しと並んでいます。

くまモン頑張れ絵作者の方々のコミックスも、合わせて展示されていますので、

ご覧になればあの人か!と分かって楽しいと思います。

また、「震災万葉集」として、県民の皆様からお寄せ頂いた俳句短歌川柳などの文芸作品も展示しております。


 肥後狂句から一句  「のさん 元彼がいる 避難先」

熊本地震の被災体験を漫画にした、
ウオズミアミさんの「ひさいめし~熊本から~の、原画日記なども展示しております。

漫画に音楽や写真をコラボさせて映像化した特別ムービーも、期間中、視聴することが出来ます。

展示期間は、平成2929日()まで。
皆様のご来館をお待ちしております

■『4月14日に思う』

 

熊本地震から1年。

これまで様々にご支援を頂いた皆様に、橋本代表から深謝を申し上げます。

 

 

私が以前コラムを担当していた『金魚屋古書店』に、こんな話がある。

 

突然の地震で、金魚屋の地下に広がる『ダンジョン』の本棚群が倒壊。

床一面に撒き散らされたマンガを見て、途方にくれるスタッフたち。

 

そんな中。

即座に金魚屋の常連が続々と集まり、ボランティアで片付けを手伝ってくれる。

瞬く間に片付いていく倉庫。そして更に強固になる、マンガバカたちの絆。

彼らの力で、金魚屋は危機的状況から抜け出すことができた。

 

ちょうど一年前。

大地震が夜の熊本を襲った。

クママンの事務所と倉庫も震度6弱に見舞われ、協力関係にあった保管場所も全て被災した。

 

無惨に倒壊した本棚、とんでもない方向に飛んで行ったパソコン、無秩序に散乱し床一面を埋め尽くしたマンガ・・・。

 

しかもそれは二日を置かず、未明により大きく繰り返された。

 

今でもあの時の衝撃を忘れることはできないが、むしろ長く記憶に残るのは、本震後混乱が続く中にも関わらずクママンのために駆けつけてくれた、多くのボランティアの皆さんの活躍ぶりだった。

 

現実に、『金魚屋』と全く同じ光景が繰り広げられたのだ。

 

気の遠くなりそうな作業も、みんなでやればあっという間に片がつく

おかげで、事務所も倉庫も、西合志の旧議場も、程なく元の状態に戻すことができた。

 

もちろん冒頭の『金魚屋』のエピソードは、作家さんの想像力で描かれたものだ。

だが、復旧までの過程があまりにもピッタリなので、ビックリしてしまう。

 

少し落ち着き始めたころ、各方面から義援金を賜り、被災地ということで様々な便宜も図って頂いた。

この場をお借りして、関係者の皆様に心より御礼申し上げたい

地震そのものは、確かに不幸な出来事だったが、思いを分かち合う多くの人たちとの結束は、より強まったような気がする。

 

間もなく合志市西合志開館する、合志マンガミュージアムも、その結束なしには決してあり得なかったものだ。

 

震災で何度も中止の声が上がったが、関わる全ての人の熱い思いが、実現への大きなうねりを生み出し、今夏ようやく開館を迎えることができる。

 

 

この記事をご覧頂いている皆様、改めてこの一年間の厚いご支援に深く御礼を申し上げます

 

どうぞこれからも、復興していく熊本引き続き見守って下さいますよう、宜しくお願い致します。

 

 

NPO法人熊本マンガミュージアムプロジェクト

代表 橋本 博